忍者ブログ

美女と野獣

準と明日香 と吹雪
準は出ません
ちょっと苦しい



 薄紙のいちまいだ、その口をひらかせるのは。
「あ」
 指さきが一瞬、とまどっている、そしてにじむ、そのとおりの切札に描かれたのはプリマ。
「明日香」
「切っちゃったわ、でも平気なの……平気よ兄さん」
 兄さんはやさしい。透明なバンソウコウのしたに、いつまでもくるまっているわたしではないけど、その窮屈をときどき愛してしまうことがある。なぜか。いけないよと言う。悪いのはわたしだった。
「手がいのち、よね」
「すべての女の子はね」
「そうだったかしら」
 兄さんはやさしすぎるから、いつも損をした。いつでもすすんで道化になる計算が、あまりにも純粋なところから来ていた。兄さんは要するに情に厚くて脆かった。だれかのために負けたっていいとすら、思えるひとだった。〈それは幸福に生きてきた者の考えだ〉、そう、獣ではなかった。
「怒らないでよ明日香」
「怒ってないわ、わたしただ」
「女だからって甘やかされたくないの、だろ」
「わかってるくせに」
 きっと兄さんも不幸だ。幸福すぎて。兄さんのやさしさは追いつめられた人には分からないし、追いつめられたものの気持ちも、おそらく兄さんには理解し得ない。無意識のエゴをふりかざす、だけど兄さんはとてもやさしい。それしか知らない。窮屈な籠の中から抜け出してしまった、わたし、だけどその居心地がよかったことをたしかに覚えている。
「ねえ」
「なんだい」
「兄さんには信仰があるの?」
 兄さんははにかんだように笑った。ぼくはぼくと、明日香と、ぼくの好きなみんなを信じるだけさ……〈きみはしあわせだ〉と言った人は、これを聞いたらなんとするだろう。真っ黒な獣……いつも飢えてもがいている……あなたもやさしいことを知ってる。あなたはその牙がまただれかを傷つけることを恐れているだけだ。ひとりでやっていく、と吐き捨てたあなたの信仰も、ほんとうは兄さんとおなじだ。次戻ってきたら、わたしは薄紙にひらかれ流れたことばのかわりに、手を触れるだろう。あなたの獣が苦しげに顔を曇らせても、なにかに触れることの安心を教えてあげたかった……わたしもまた兄さんによく似ていた。もう傷ついたの、だから恐れないで、ああわたしたちも、すぐに大人になるのだ。

拍手