忍者ブログ

かなしみよこんにちは

天上院吹雪とミザエル
ずいぶん前に書いたものでしたが載せてなかったので載せます


 カードを並べていたら、肩を叩かれた。ふざけた男だと思う。中身にそぐわずおちついた髪色も、どうやら今のわたしには沈んで見えるほかないようだった。
「ミザエルくん、デュエルとても強いそうじゃないか」
「そうだな」
「いい自信だねえ、うん、ぼくそういうの好きだな……ね、きみのお気に入りはどれかな」
 彼はなにも知らずにわたしの領域へ踏み込んでくるから嫌いだ。金の髪が妹に似ているからと、はじめから、ずいぶん馴れ馴れしいものだった。わたしは並べたカードを手であつめて覆い隠した。肩越しにかぶさるような影がさびしそうに萎縮して「乱暴はよくないよ、カードにだってね」と呟く。そんなふうに罪を受容されるのは苦しかった。かつてわたしを包んだつめたい闇と近しいものを、彼は知っているらしかった。
「きさまの使う竜」
「真紅眼?」
「そう、わたしの呪いも……あんなふうに真っ黒だった」
 呪いと呼ぶのがこれほどつらいとは。分かっているつもりだった……分かっていた。たったひとり、なによりも先へ望んでとどまっていたわたしには、そこはひどく寒かった。人はみな光のなかで恩恵を受けていた、それを笑うことでうまくやっていたつもりだったのだ。
 わたしのうつくしい呪いは、その先んじるちからのために、あらゆるかなしみを打ち消していた。あれはもういないのだ、だからわがままは言えない。わたしが生きるためには摂理に向き合わねばならなかった、あれはそのなかに溶け合わねばならなかった、そしてかなしみもまた摂理だった、それだけのことだ。
「黒が嫌いかな」
「かもしれない、わたしを縛った色だ」
「だけどとても正しい色だと、ぼくは思うんだよね」
 彼はまるで子どもだった。見てみたかったなと笑った。わたしは目をそらした、でなければ泣いてしまいそうだった。いつからこんなに弱くなったのだろう? あれだけこだわった強さというのがちっとも思い出せない……おそらくはあの闇のなかに置き忘れてしまった。
 わたしも子どもだった。罪を知るまえと知ったあと、あまりにも違いすぎて、憎むこともできなかった。無知なのはわたしだけで、あれはただあるべくしてあったにすぎない。
「おまえなんか嫌いだ」
「ごめんったら、嫌われちゃたまらないよ」
「謝るなばかもの」
 かつてわたしを包んだ闇が、これほどあたたかければ、とふと思う。彼はわたしの覆った手をそっとひらいて、カードを並べなおしながら、これも、これもいいね、きみの言っているその竜も、きっとすてきだろうね、と言った。わたしはだまってうなずいた。けれども彼があのきらめきを見ることはかなわないと知っていた。そしてわたしは、彼の並べなおした一枚いちまいを、うら淋しい愛おしさで撫でた。

拍手